2007年01月11日

コメント返信

長くなると思ったのでこちらで

>エージェントさん
初めまして
制限をかけていくのが非常識かどうかなのかは分かりませんが、シングル戦であったとしてもバーンや1キルを対処できるように構築すれば、対戦するとしても対処してあるのだから特に不利というのはなく、その決闘での噛み合せだと思います。
また、バーンや1キルを対処しているもの同士が戦うとしても、お互いにメタ用に何枚かを割いてるわけで対等に戦えるかと思います。


>一般レベルさん
こんにちは
自分の強さとかレベルとか関係なしに考えての個人的意見です。
例えばですが、マッチでやるには時間がない上、バーンや1キルとは対戦したくはないが幸福を使ったチェーンビートを使いたいって人から考えたら、ありがた迷惑な制限であって、デッキの選択性を縮小させることになります。

また、バーンが嫌というのはバーンを使わない人目線であって、今の埠頭制限で考えると、ライダーが嫌、エアーが嫌、ゴーズが嫌、Dドローがずるい、次元融合が強い・・・だからといって制限を掛けていったらきりがないと思います。たとえスレに出てないとしても心のうちではそのように思ってる人が多いと思います。 なので、デッキの選択性の縮小よりかは拡大をしていった方がいいと思います。

また、より多くの人に決闘してもらいたいとありますが、250人の人数制限がされており、夕方頃からでも空き部屋が目立つと事がありますし、よく見てみると同じ人がやっているというのがほとんどです。


言いたいのは、デッキ構築による対策も考えずに、1キルが嫌だ〜バーンが嫌だ〜で制限されていくのがユーザーのデッキ構築力の幅を減らす傾向にあるということです。
posted by willow at 17:44| Comment(0) | TrackBack(0) | CGI雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/31240471
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。